クラシック音楽を主に毎年6月に定期演奏会、12月に第九演奏会を行っています。また、社会福祉活動として福祉施設や地域公民館等にての演奏も行っています。

 

[指導・指揮]槇野 清治

 

 作陽音楽大学音楽学部音楽学科卒業。関西フィルハーモニー管弦楽団にホルン奏者として入団。同時に大阪チェンバーオーケストラメンバーとして活動する。

指揮者としては、和歌山大学、大阪市立大、高槻市民オーケストラ他を指導。また小澤征爾、井上道義氏、小松一彦氏の副指揮者として関西オペラ、堺シティオペラ、伊丹シティオペラ等で活躍。

その後倉敷チボリ公園専属楽団チボリ・ウインドアンサンブルの常任指揮者・専属アレンジャーとして招かれ、解散まで約5500ステージ(年間約1000ステージ)の指揮・司会を務める。またイベント・プロデューサーとして約350種類のイベントをプロデュースする。指揮を、棚田国雄、安永武一郎、小松一彦の各氏に師事。指揮と編曲および司会(解説法)を、山本直純氏に師事。大阪音楽大学・大学院教育助手、くらしき作陽大学講師、津山消防音楽隊楽長を経て現在、北九州市消防音楽隊楽長。出雲北陵高等学校音楽コース非常勤講師。日本ホルン協会理事。

 

 

News!! 2019/02/02

 

古賀市民オーケストラに対して 福岡県知事から
地域貢献しているボランティア活動について平成30年度表彰ということで古賀市社会福祉協議会より連絡がありました。